沖縄島で大型の鳥といえば、「サギ」でしょうね。(たまに「コウノトリ」がやってきますが・・・)
  渡りの時期でない今の干潟は鳥の数が少ないです。
 
   夏場の「コサギ」には2本の長い飾り羽があってきれいです。
 
 
       
 
       コサギ  材料:アカタコノキ ※足はマーニの葉の芯
 
 

  
 
      作り方  
     H21年10月22日の記事にサギの作り方を載せてあります。
 
  長い首のウンチク
         人やキリン等哺乳類の首の骨は全て7個です。
         鳥の首の骨は12から15個と多いのですが、特に多いのがサギの仲間です。
         なんと、20~21個もあるんです。
            だから、長い首を上手に使って餌をとることができるんですね。
 
 

広告