日本の在来馬は8馬種。沖縄県に2馬種(宮古馬、与那国馬)がいます。
                  北海道和種(通称どさんこ)、木曽馬、対州馬、宮古馬、野間馬、岬馬、与那国馬、トカラ馬
    生活の中に馬がいた経験を持つ人は確実に少なくなっています。たぶん
    縁起のいい馬の玩具は世界各地で、それぞれの素材を生かして作られていますよね。
    沖縄では、アダンやマーニの葉、稲藁、イグサ等を使って以前から馬玩具(ウマグヮー)を作って
    楽しんでいます。※作りは「イタヤウマ」と同じですね。
   
           馬の親子
        
        材料:マーニの小葉 頭の向きを変えるだけで動きが出るのが不思議ですね。
 

  
      作り方 
                 参考:沖縄あそび研究会編「おきなわ 子供のあそび(植物編)」(1976年)   いい本ですよ
    
             今回は、イグサ(リュウキュウイ)(※イグサは畳表の材料ですね)で作ります。
       
     ① 使用するのは、2年半前の古い材料です。
       
       イグサを5本用意します。それぞれを2つに切ります。太い方、5本。細い方、5本にします。
         ※使用するイグサは湿らせておくと殆ど折れることなく使えます。
        
       初めは、太い方から使用します。写真のようにタテ・横・タテに置きます。
                                             ※左の方が馬のになります。
       
       左タテのイグサを右に折ります。
       
       新たに2本追加して編みこみます。 ※新たに追加したタテのイグサは後足になるので、
         この段階で、尾と同程度の長さにしていたほうがよいでしょう。
       
       左タテのイグサを右に織り込みます。

 

       
       右下のイグサを上に織り込みます。※後足2本ができました

 

       
       右下のイグサを上に織り込みます。

 

        
       右下のイグサを上に織り込みます。※右2本、上5本になっています。
       
       左上のイグサを右に織り込みます。

 

       
       左上のイグサを右に織り込みます。
       
       左上のイグサを右に織り込みます。※⑫の工程を行わないことが多いかも。
         ※⑫の工程を行わないと、後足と前足が同一のイグサになります。
       
       右下のイグサを上に織り込みます。
       
       右下のイグサを上に織り込みます。
       
       右下のイグサを上に織り込みます。※前足2本とができました

 

       
       右上のイグサを左に織り込みます。※を作ります
       
       右上のイグサを左に織り込みます。
       
       右上のイグサを左に織り込みます。

     ⑲ 右上のイグサを左に織り込みます。
       
     ⑳ 左下のイグサを上に織り込みます。

 

       
     21 左下のイグサを上に織り込みます。
       
     22 左上のイグサを右に折りこみます。※2つのができました。 
                               これから三つ編みの要領で顔を作ります。

 

       
     23 左上のイグサを右に折ります。
       
     24 右下のイグサを上に折ります。
       
     25 上左のイグサを右に折ります。

 

       
     26 右下のイグサを上に折ります。

 

       
     27 上左のイグサで一巻きします。※顔ができました。次に口(歯)を作ります。
       
     28 27で巻いた先を、輪の中に通してしっかり固定します。
       
     29 一通りの編みが終わった状態です。

 

       
     30 (足の長さを揃えるために、1本を後足に追加して3本を一緒に切ります。
          追加した1本は前足の長さをそろえるのに使います。

 

       
     31 前足を、後足と同じ長さに切りそろえます。

 

       
     32 足を少し開くと、立つのです。     親馬の完成です。
              続いて細い5本のイグサで子馬を作ります
       
     33 21からの続きです。 右下のイグサを左上に織ります。

 

       
     34 さらに、左上のイグサを左下に折ります。
       
     35 左上のイグサを左下に折ります。
       
     36 左上に折ります。
       
     37 左下に折ります。
       
     38 一度巻いてから、輪の中に差し込む。
       
     39 全ての折りが終わった状態。子馬なので、胴体を短くしてあります。
          30~32の要領で仕上げます。
       
     40  完成です。子馬と一緒にパカパカ・パカパカ
 
広告