カジマヤー(風車)をスムーズに回すためには羽を固定するストッパーが大切になります。
   私は指輪作りを応用してストッパーとして使っています。また、羽の軸にはマーニ(クロツグ)小葉の主脈を、
   軸受けにはできるだけススキの花茎を使っています。
                                              ※自然素材使用にこだわりがあります。
       ストッパーをつくる
 
       
      ①帯をタテ、ヨコに重ねる。※ヨコの帯を置くとき、ヨコの帯の幅だけ下に下げる。
 
 
      
     ②タテの上帯を手前に織る曲げる。
 
 
      
    ③ヨコの帯を裏から左に折る。
 
 
    ④左の帯を、タテの帯を押さえるように手前から右に折る。
 
 
      
      ⑤タテの下帯を上に折る。
 
 
      
      ⑥上に折ったタテの帯を裏の袋を通して下にひき下ろす。
 
 
     ⑦ヨコとタテの帯をしっかり引き締める。
 
 
      
    ⑧飛び出しているヨコの帯をハサミで切り落とす。
 
 
      
      ⑨下に飛び出しているタテの帯をハサミで切り落とす。(ストッパーの完成)
        このストッパーは葉脈の繊維がタテとヨコからお互いを締め付けているので、
      穴をあけても裂けないスグレモノですよ。
 
 
      
      ⑩ストッパーにクギや針、キリ等で小さな穴をあける。
 
 
  
   ⑪2つのストッパーで羽をサンドイッチ状にはさみ、ススキの茎(花茎)に取り付けるとほぼ完成です。
                                    ※自然の素材だけで作ると楽しいですね!
   羽の長さは均等ですか? 羽は風をとらえるようになっていますか? 軸は細くても大丈夫です。 
   太目のススキがいいですよ!
 
 
広告