沖縄の草玩具No1は古くから作られ、遊んで楽しい“指ハブグヮー”だと思います。
   アダンやクロツグ(沖縄名:マーニ)で短時間で作れます。
                      遊んでよし、プレゼントにもよし。最高ですね。
                                                          7月21日の記事を参考にしてね
          “指ハブグヮー”を作ろう
             
   ① 2本の帯をナナメ、ヨコに置きます。     ② ナナメ上の帯をナナメ下に折ります。      
 
 
           
   ③ 右ヨコの帯を左下に折ります。       ④左ヨコの帯を裏から右下に折ります。
 
            
    ⑤ ③と④で折った帯の上下を入れ換えます。 ⑥ ⑤の帯を2つ作り、図のように編む
                                   ように組みます。  
    
          
  ⑦ 右の4枚を左手で持ちます。        ⑧ 左の4枚を裏からまわして、筒状にし、
                                左上の帯を右の帯に編みこんでいく。 
 
 
           
   ⑨ さらに、左上の帯を編みこむ。       ⑩ さらに左上の帯を編みこんでいく。
 
         
     ⑪ さらに左上の帯を編みこんでいく。  ⑫ 4枚ほど編み込んだら、棒などをい
                                れて各帯を引き締める。
   
         
   ⑬ すきまができないように丁寧にひき   ⑭ さらに、4枚ほど編み続ける。                 
        しめる。
 
          
    ⑮ 各帯を丁寧に引き締める。       ⑯ どんどん編み続ける。残った帯を2つ
                                にわける。
 
         
 ⑰ 左右2つの帯をそれぞれ同じ方向に巻く。 ⑱ 左右の帯を交差させる。
                                 上下の向きに注意。   
 
            
      ⑲ ⑰・⑱の縄ないを続ける。       ⑳ 残った長めの1本の帯でしっかり結ぶ。     
 
                          
                      21 ささくれの処理、形の修正等をして、完成です。
 
  指を入れて引くと抜けなくなります。  強く引き過ぎないように気をつけましょう。 
                                         とっても楽しいですよね! (◕ฺ‿◕ฺฺ)
 
 
広告