多くの人が簡単に作れて、いろいろ遊べる草玩具。そのシンボル的な作品が今回の魚です。
 
 作るたびに切り方を変え、材料もいろんなものにチャレンジしています。いくつ作っても新鮮さがあります。
 
                  
 
  ① 作り方は3月4日(カジマヤーを作ろう)からの続きになります。※カジマヤーを裏返してください
 
    ② 11時の帯を5時の方向に折り曲げる。
 
  ② 8時の帯を帯の下をくぐって、2時の方向に折り曲げる。
 
  ③ ハサミで魚のヒレを切り出して完成です
       (※ハサミはあまり動かさず、切る帯をまわしながら切ります。)
                  刃物の安全な使い方が身につきますよ!
 
    特に、背びれや尾びれの形を工夫して楽しみましょう。
    魚の図鑑を広げてみますか? それとも親子で水族館に行きましょうか。
    いろいろな形をしたお魚さんたちがいっぱいです。
 
  
           
     私の作品です。凛(りん)として自分で立っている姿が気に入っています。
 
   作り方は同じですが、いくつか工夫した場所があります。 どこだか、わかりますか
 
 
広告