中国福州で舟こぎ競争を見学することができました。
 外国からの観光客がほとんど見られない中で行われる地域密着の迫力満点の行事です。
 沖縄のハーリー舟より大型の競争舟が数十隻、所狭しと激走します。
              (両岸の見物人の羨望をうけて、エキサイトの連続です)
  他の場所でも実施されているようで、多い場所では100隻以上を保管している地域もあるとタクシー
 運転者がニコニコして話していました。
 
  沖縄のハーリー舟より長崎のそれ(ベーロン競漕)と類似しているようです。
                                (それにしても舵の大きさにはビックリです)
 
 クバの葉でハーリー舟を作ってみました。(沖縄と福州の舟の特徴を一つにしたような形ですね) 
 
          
             時々爆竹を鳴らし、ドラと中央の太鼓の音に合わせて勇壮に進みます。
 
         
        琉球玩具(ハーリー舟) 故・古倉保文先生作 
        ※船尾と旗が紛失した作品を手直ししたものです。原型と大きく異なる場所があると思います。
                                         古倉保文先生ゴメンナサイ m(_ _*)m
 
 
          まだ手直しが必要な作品だとおもいますが最初に作った記念の玩具です。
    これからもハーリー舟をテーマにした作品づくりに挑戦することを心がけます。
 
 

  
  
 

広告