中国の草玩具(工芸品?)作成では針金を芯にすることが多い。
 歴史があるのですから、中国でのそれ(針金使用)はそれで良しとします。
 川エビ捕りで遊んだ「テナガエビ」を乾燥したクバの葉で中国風に作ってみました。
    長い触角とハサミ(第二胸脚)、ノコギリ状の額角(がっかく)が特徴です。
 
      
      全形 (腹部が長い?)  ※次から短くします。m(_ _*)m
 
      
   頭部(頭部先端のぎざぎざの角状突起“額角”)、目はマチ針使用・目の位置) 
 ※腹部が長いけれど、竜じゃないよ! エビです、エビ! それも「テナガエビ」なのだ!
 
      
 下面 (触覚と長いハサミは後から挿し込み、足の出し方・数)、腹肢は省略、尾節一つは挿し込み。
 
 
 
 
 

広告