友人からのコメントに私なりに応えたい一心で改良型を作りました。ドウデスカ
    イセエビやクルマエビではありません。川エビの王様、テナガエビ(沖縄名:タナガー)です。
     生物学的()な特徴を意識してつくりました。
 
       
        全形: 2対(4本)の触覚、2対(4本)のハサミ、3対(6本)の歩脚、腹肢、尾節等を付けた。
         (※長い触角が第2触覚です。)
 
        
          横面:   頭胸部に触覚やハサミ・歩脚、腹部に腹肢が付く。
 
        頭胸部(触覚やハサミ、歩脚が付く)と腹部(ヘラ状の腹肢が付いている)の境を示すため、
     折り曲げた。飛び出した目も特徴がある。
 
                
                   下面:  腹肢(6対)の様子
 
        
      上面:  腹部末端部の尾節付近
 
                
                   頭胸部付近:  ノコギリ状の額角、2対(4本)の触覚、1対の短いハサミと1対
                       の長いハサミ。そして、3対(6本)の歩脚。
 
 
 
 
広告