気がつきました。気がつきましたよ。気がついたのだ~。コレッテ ヒラメキ?
 
    沖縄は、うるま島です。川よりが「笹舟流し」の遊びピッタリな、身近な場所だ
   と気づきました。
 
   そして、沖縄の自然海岸でもっとも普通にみられる代表的な植物が、アダンです。
                                  “アダンの葉は草玩具づくり”に適した素材でもあるのです。
                                                                                                  
 
   
  アダン葉の小舟 ※沖縄のサンゴ礁の海に浮かぶ舟といえばサバニです。
     ということは、笹舟というより、「アダン葉のサバニ」と呼ぶほうがお似合いかも・・・ヘヘッ
 
  
 アダンだけでなくトックリヤシモドキの苞を細く割いた帯で作った小舟もいいものですね。      トックリヤシモドキ           大きなに包まれた花房
 ただ、この舟(白いほう)は帆が大きすぎて転覆してしまいそうです。  トッホッホ
 
 
  ウチナーグチヌ ドゥーチュイムニー ヤイビーン (ひとり言です)
     ヤイビーシガ、イノー ヌ ナーカンジ フニハシラスシェームチカサイビーン、
         ヌーディガ イーネー、 カーラトー チガティ イノーヌナーカー ナガリヌネービラン  へへっ 
     ※     イノー : ウチナーグチで 「イノー」 という用語は
       海岸から、沖で波が砕けるサンゴ礁の高まった場所(リーフ)までの浅い海域のことです。
       とても豊かな生き物が見られる場所です。     日本の財産台帳の最上位にランクされると思います。(思い込みかな?)     
                                                                                                                                                                     
 
広告