中国の福建師範大学日本語科の素敵な先生方と白水洋に旅した懐かしい記憶があります。(ありがとうございました)
            小雨の中、道路脇のせせらぎに笹舟をそっと流しました。どんどん流れていくのを眺めているのが楽しかったです。
 
    環境が整備された(?)今では、小川どころかクムイ(小池)までもが身近に残っていません。
  笹舟(ささぶね)を流す楽しみができる場所が近くにないのです。コンクリート三面張りの水路が目立ちます。
  笹舟は作られなくなるのでしょうか。ささやかな、ふれあいの場所を取り戻しましょう。
 
  あなたは、どこで笹舟を浮かべて遊びますか。
 
    
  作り方
 

   
   (笹は身近にないので、ススキの葉を使います。)
 
   
   (葉を適当な長さに切り、端を折ります。※葉の面に注目
 
   
   (折り曲げた端を写真のように割きます。)
 
 
   
   (割いた部分を差し込み、舟先を作ります。)
 
 
   
   (反対側の端も同様に差し込んで完成です。)
 
 
 
 
 
  ウチナーグチヌ ドゥーチュイムニー ヤイビーン (ひとり言です)
      フニグァー チュクティン アシブルトゥクルヌ ネーランナティ、 ウムッサー ネービランヤー !
                                          へへっ     上の沖縄方言(ウチナーグチ)の訳はコメントにあります
 
                                                                                                                                                                     
広告