風車(カジマヤー)を作ると、その勢いで魚熱帯魚や金魚まで作ることがあります。
 
          風車(カジマヤー)  ⇒    熱帯魚    ⇒ 金魚(キンギョ)
                   
   投稿日    <2009年3月4日>       <2009年4月1日>       
 
    
    金魚の作り方 

             

   3月4日、4月1日工程②からの引き続きの作業です。

                         素材はアダンを使っています。
 
       

    (4月1日②を横から見た形です。ふっくらした形にし、折り目はつけません。※ここが重要なのです。)
 
     

    (下の帯腹鰭を右上に曲げます。※尾びれに平行にします。)
 
     

    (上の帯背鰭を右下に曲げます。。※尾びれに平行にします。)
 
     

    (②で曲げた帯を左下に曲げます。)
 
    

    (右下の帯を写真のように帯の下から通します。※④を崩れない程度にゆるめにするのが、コツかな?)
 
     

    (それぞれの帯をしっかり引き締めます。)
 
     

    (⑥を裏返します。)
 
     

    (右上の帯を左下に曲げます。)
 
     

    (右したの帯を写真のように帯の下をくぐって左上にもっていきます。)
 
     

    (両手でつつむような気持ちで各帯を引き締めます。※ふっくらとした魚の胴体が仕上がります。)
 
     

    (上2枚、下2枚の帯を切って背鰭セビレと腹鰭ハラビレにする。)
 
     

    (先の尖ったエンピツ等で、尾鰭が差し込まれる穴を押し広げる。)
 
     

    (先を細くした数枚の帯を挿し込み尾鰭にする。全体の形を整えて、完成です。)

   

                   

             
            

    ウチナーグチヌ ドゥーチュイムニー ヤイビーン 沖縄方言でのひとり言です
      金魚(キンギョ) ンディ イル イヨー ターイユカラ ンジタンディ イチ チチョーイビーン    へへっ 
                                                                                                                                                                      

   
広告