親しい友人の出版(三浦信男著:「美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち」)がありました。沖縄で漁獲される魚を4年がかりでまとめた力作です。

夫婦で各々を出版するとは、うらやましいですね。

記念に魚を作ろうと思ってすぐに脳裏に浮かんだのは中国で写真だけを見て、いつかは作ってみようと思い続けていた魚です。実物を見たわけでないので作り方は知りませんがこんな魚の玩具になりました。

目はペンで描きました。

4枚の鰭を無理に挿入したところです。(挿入になってしまい、残念です!)

つくり方は必要ないでしょうね。バッタを作ったことがある方なら、作れます。

「手遊び 草編み玩具」第3巻で紹介しますが、この魚の名前は何が適当だと思いますか。

この編み方だと、これしかないという名前にします。

広告