沖縄(特に八重山)で、アダンの葉が大切な産業素材とされていた頃の道具です。

アダン葉草履、アダン葉ゴザ、アダン葉帽子などが産業とされていた頃は多くのアダン葉が必要だったのでアダンの植栽とともに、鋭い棘のある葉の採取のために下の写真ような道具が使われていました。以前に花城さんから聞かされていた道具なので、実物を一目見て “これだ!” とすぐにわかりました。この道具は博物館でも見たことがなかったヤイマ(八重山)のジンブン(知恵)から生まれた生活の道具なので、すごくうれしい出会いでした。

広告