※2012年6月28日紹介のトカゲの作り方です。

160

近年、沖縄本島でめっきり少なくなってきたキノボリトカゲです。全国の湿地帯で見られるガマ(沖縄産はほとんどがヒメガマです・・・)で作るのが適していると思います。乾燥後のガマは使う時に軟化させます。PPテープできれいに作れますが、自然素材で挑戦してほしいトカゲです。

詳しい編み方のポイントは『手遊び 草編み玩具』(第3巻)で紹介します。

091

1本目の帯を結びます。

092

2本目の帯をこのように加えます。

096

帯の面に気をつけながら、2本目の帯を1本目の帯に巻きつけます。

103

帯に切れ込みを入れ、そこを通します。

106

2枚の帯を重ねたままで折り曲げていきます。

109

110

裏側の帯1枚だけを折り曲げていきます。

112

115

切れ込みに帯を通します。

116

表側の帯を折り曲げていきます。

119

120

(見やすいように逆向きに変えました。)帯を差し込みます。

122

4枚の帯夫々を3つの裂き、三つ編みの要領で編んでいきます。

133

トカゲの爪を意識して切ります。残りの帯(足)も同様に。

153

4本の足が編み終わったところです。

抜け防止の結び処理した尾を挿入します。

157

096

ジュズダマの実を目に使ってみました。

IMG昭和初期トカゲ捕り

形は完成です。       図出典:石田『挿絵で見る昭和初期のおきなわ』

これをどのように遊びに使うかが楽しみです。沖縄ではヤシの小葉の芯(太い葉脈)等で輪をつくり、トカゲを捕まえる遊びに人気がありました。

※沖縄口で“アタカー(キノボリトカゲ)トゥエー(捕り)”という遊びです。

広告