⇒沖縄草玩具館発
楽しい夏休みですね。子どもたちが “カエルや昆虫を探しに行きたい” と口にしたときに作ってほしい草編み玩具があります。その一つがこの「麦わらの虫かご」です。素材は麦ワラでなくてもいいのです。

「虫かご」が必要なときに、ムギワラが近くにあることは限りなく“ない!、ない!!、ぜったいにナーイ”だと思います。手に入る素材で知恵(ジンブン)を働かせて、楽しんで下さい。
089背丈の高いイネ科の花茎やゲットウ(ムーチーガーサ)の葉鞘※上の写真、クズの葉の葉柄等(クズにかぎらず、葉柄の長い素材ならすべてOKですよ)でも作られている玩具(遊具)です。必要なものは買いそろえることもいいのですが、準備の段階から遊んでみませんか。子どもの野外への期待感が高まるとともに、子どもと接する時間の笑顔が目に見えるようです。ぬるっとしたカエルは持ちにくいのですがこの入れ物に入れるとOKです。この入れ物は水に浸しても大丈夫ですから。カエルを入れた時は時々水をかけてあげましょう。
008

※完成写真をみただけでは作れないと思います。作り方がいくつかありますが、オーソドックスな作り方のタイプを近々紹介します。今日(8月5日)は所要があるので、あくまでも近日中です。

広告