ムギワラのはかま(葉鞘)を取り除き、穂の下(先節)を使います。

DSC_8624

ムギは折れて切れやすいので30分以上水に浸します。湿っていると曲げることも容易にできるようになります。乾燥すると再び切れやすくなるので使うまで乾燥しないようにしてください。
市販のポリのストローを購入された方は2本をつないで使用したほうがよいでしょう。(先を斜めに切ったストローを差し込んでセロテープでとめます)

DSC_8625

すべてにおいて本物の自然素材(ムギワラ)におよびませんね。

(^o^)(不明な箇所はご質問ください。可能な限りコメント欄でお答えします)

では、麦わらでの作り方(2)の連続写真を準備します。
連続写真にするのは写真に記号を入れることができず、説明が困難だと思うからです。

広告